Twitter

Facebook

無料ブログはココログ

雑多な話・つぶやき・コラムなど

2017年4月30日 (日)

春だけど、土鍋LOVE

土鍋、土鍋です。

といっても、寄せ鍋やちゃんこ鍋、そして火鍋の話ではありません(それもLOVEheart02だけど)。

香港の冬の食べ物といったら煲仔飯(ポーチャイ飯)※日本語にはない漢字なので、表示できてなければ、火の上に保で([保/火]仔)という文字だと思ってください

小さめの土鍋で炊いて、具とタレを掛けて蒸らしたご飯です。火の上に保、もう字面からしても、お米Loverな人なら期待しちゃいそうな感満点。

具の旨味が染み込んだご飯は絶品!のはずなんですが・・・大昔にライゼツアー香港に行ったとき、一度だけ確か食べたかなって記憶があるだけ。その時は具のソーセージ(港式臘腸・中国腸詰)が口に合わなかった印象しかない。
それ以降、冬の風物詩とは聞いていたけど、行ったのが暑い季節だったり、食べたい物が一杯ある香港なので、そこまで到達しなかったりとか、まあ機会になんとなく恵まれなかったわけです。

何となく気になってはいたけど、いろんな国の料理がいただける昨今の日本でも、さすがにポーチャイ飯は見かけることが少ない。
そんな中、先月電車の乗り継ぎで立ち寄った、東北の某駅ビル内の中華レストランで発見しました。ご飯の上に、五目あんが載った土鍋の写真があります。おぉ珍しい!早速オーダーです。

「お時間かかりますけどよろしいですか」 
ハイハイ、乗り継ぎには余裕がありまくりなので、二つ返事でオーダー。10分ほど後、
「器、熱くなっておりますのでお気を付けください」

ハイハイ、そりゃ炊き込んでますからねぇ土鍋熱いですよ、石焼ビビンバと同じですよね。
はふはふ言いながら一口。
・・・ぬ、ぬるい・・・coldsweats02  恐る恐る土鍋を触ると、冷やっとした感覚が。
土鍋型の器に五目あんかけご飯を盛っただけじゃないかdown 器が冷たいから、ご飯も冷めてますやん。
(だったら熱いから気を付けろなどと、思わせぶりなことを言うんじゃないよ・・・)

という失敗があり、ポーチャイ飯への情熱が高まってしまった今日この頃。
昨日所用で都内をうろうろする機会があり、そこで見つけてしまったのです。
本物の中国人がやってる、ポーチャイ飯をウリにしてるお店。

「ポーチャイ飯ヒトツネー!」
15分ほど待たされて、中国的大ざっぱさでドン!とテーブルに置かれた土鍋。
じゅうじゅうグツグツぱりぱりと地獄谷的な音を立ててます。
おおおおおこれだよこれアルネ!!

Img_1816_4

サービスで落としてくれた真ん中の卵を崩し、サックリと混ぜると底にはステキなおこげshineが形成されつつありました。
むはっheart04はふはふ、た、たまらーんhappy01
土鍋炊飯ってだけでも美味しいのに、海の幸・山の幸といろんな旨味がギッシリと

2月にライゼツアーで皆さんと行った香港に思いを馳せ、そしてこれから本場香港ポーチャイ飯を食べに行くぞと思いを募らせ・・・(っても冬にならんとな)。
皆さん、また行きたくなってませんか?ぜひご一緒しませんか?

ぜひメンバーになって、会誌読んだり、コンパにも参加して下さいネ。
 → メンバーになりたい方は  on クリック!

2016年5月23日 (月)

台湾南部旅行おみやげ

高雄のカルフールで買ってきたお菓子。

開けてみたところ・・・

13239051_1046514332065067_8496566_2

・・・・・・・!?
こういうのってさ、フツー同じ向きに入ってるもんじゃないの???

パッケージは、ほぼ同じ大きさと重量の「う○い棒」よりもしっかりしている。一見したところ、かなり立派な商品と思えるような一品。しかしこのバラバラの向きからして、最後の包装は手作業くさい(苦笑)

台湾のこういう大ざっぱなところがちょっと・・・・好きheart02

ちなみに中身はとても美味しかったです。

2016年2月 6日 (土)

「地球の歩き方」は青い本?

海外旅行のガイドブック「地球の歩き方」のイメージカラーって、みなさんは何色? 最近ホームページに投稿されたものを読んで、このことについてちょっと調べることに。

■お題アンケート「言いたい放題」旅心を刺激する1冊
http://creative-reise.with-web.info/enquete/index.html

上記URL先の投稿された「上海の西、デリーの東」ご紹介文を読み、『地球の歩き方が「青い本」って、なんのこと?』と疑問に思ったことがキッカケです。
なお、「青い本」については「編集注」として、以下の補足説明を入れてあります。

「青い本」=表紙と裏表紙、背表紙を除いた(本を閉じて見える)三方向の面が青く塗られていたのが、かつての「地球の歩き方」の特徴でした。

ああ、なるほど。
確かに言われてみれば、昔の「歩き方」は青かったような気がするなぁ……。

地球の歩き方(青い本)

というわけで、手元に「青い本」だった時代のヤツがなかったので、図書館へ行って確認してきました。写真の通り、本の断面(?)が、間違いなく「青い」ですね~。

※本の部位の名称としては、青く塗られている部分は“小口(こぐち)”と呼ぶそうです。

ちなみに写真の「青い本」は、ブダペストとハンガリー 2002~2003年版(2001年12月発行分)で、もう1冊の(白い)方は、フランス 2003~2004年版(2002年11月発行分)です。図書館で閉架されていたものをリクエストして見せていただきました。

地球の歩き方(青い本)

私たちライゼ編集部のあるメンバーさんから、「青い塗りが廃止になったのは2002年くらいから」という情報をいただき、その時の「地球の歩き方」の公式な情報って何か残ってないのかな?と思ってインターネットで調べてみると、以下のページが検索でヒット。そこにはこのように記されておりました。

■地球の歩き方WEB通信Vol.47(2002.3) より抜粋

(3)青い小口塗りの廃止
『地球の歩き方』ガイドブックのイメージ、“黄色い背表紙に青の小口”のうち、青の小口は廃止になります。色がついているので“せっかく付いているツメが見にくい”という欠点を解消するのはもちろん、本屋さんでカバーを付けてもらっても、青い小口で「あっ、『地球の歩き方』を持っている」とほかの旅行者に見られることもなくなります。『地球の歩き方』を持っている=日本人、と日本人目当てのトラブルもなくなることでしょう。

そもそも、なぜ「青く塗ったの?」という疑問が次に思い浮かんだりもするのではありますが(笑)、ひとまず「地球の歩き方=青い本」という表現の謎が解けたので、ちょっとスッキリ。
かつてはそんな風に呼ばれていたり、「青い本=日本人旅行者」であると、識別に利用されていた時代もあったんですねー。

そんなわけで、お題アンケート「言いたい放題」旅心を刺激する1冊では、あなたの旅心をくすぐられた本、くすぐられた結果、実際に旅行してきました~という本のご紹介を募集しております。いわゆる「旅本」じゃなくてもOKなので、気が向いたら、ぜひ本の紹介していってくださいませ。あなたの投稿お待ちしております。

2016年1月26日 (火)

台湾レシート宝くじ(旅行後のお楽しみ)

昨年の2015年11月に開催した台湾ライぜツアー。参加されたみなさんは、すでにチェック済かもしれませんが、先日、台湾の統一發票/お買い物レシート宝くじ2015年(民國104年)11-12月分の当選番号が発表されました。

台湾レシート宝くじ

なお、レシートに印字されている8桁の数字が宝くじの番号です。
外国人が当選した場合でも、パスポート(または居留証)があれば、現地の郵便局で当選金を受け取ることができます。

たいていは旅行中に当選することはないと思いますので、その旅の軍資金にすることは出来ませんが(笑)、当選発表は2ヵ月に一回のペースですから、当選すれば次回の渡航費にはなるかもですね。

台湾レシート宝くじ当選番号の写真

    【当選番号の見方と当選金の受け取り方法について】

  • 特別獎(NT$1000万)、特獎(NT$200万)、頭獎(NT$20万)は、発表された8桁が当選番号です。
  • 二獎~六獎については「頭獎の当選番号」の下7桁~3桁が当選番号になります。
    (二獎/7桁=NT$40000、三獎/6桁=NT$10000、四獎/5桁=NT$4000、五獎/4桁=NT$1000、六獎/3桁=NT$200)
  • 増開六獎については、下3桁の番号が一致していた場合に当選です。(NT$200)
  • 今回(民國104年11-12月)の当選金の受け取り期間は、2016年2月6日~5月5日まで。
  • 特別獎~三獎までの当選金は、指定された大きな郵局局で受け取ること。
  • 四獎~六獎までと増開六獎の当選金は小さな郵局でも受け取り可。
  • その他情報については財政部HPを要確認。(英語版ページも用意されています)

2016年1月現在の為替レートで計算すると、特別獎の当選金は日本円で3500万円くらい。もしライゼ会員の中に当選者がいたなら、ぜひ会誌にレポートを書いて欲しいですね。
「きぐるみ」とか「覆面」を被って当選金を受け取る写真も一緒に載るかもですが(笑)。←それは中国大陸の話だっけ?

そんなわけで、旅行サークル「クリエイティブ ライゼ」では随時会員メンバーを募集中。会誌を読んだり、ライゼツアーやコンパにも参加してください。
 → 旅行サークル「ライゼ」に興味が湧いたら、 こちらを  onクリック&よろしく!

2015年7月24日 (金)

ちょっと海外気分を味わおう!

暑いですね、毎日。
日本にいても南国、いやそれ以上かも....湿度高いですから気付くと汗だくだくで、もう熱帯感ハンパないsweat02

そんな暑い中、ご飯を作る気にならなくて、ついお湯を注いでしまったコレ。


Img_1683

カップヌードル“マッサマンカレー”味sign03


マッサマンカレーは、もともとはタイ南部で食べられていた“
ご当地カレー。アメリカの某サイトが「世界で最もおいしい50種類の食べ物」企画で1位に選んだことからブームになってるらしい。

名前はずっと前に聞いて知ってましたが、味わうのは初めての編集某sun(って、これは本物のマッサマンカレーじゃなくて、“カップヌードル”なわけですが、まあそれはともかく)

お湯を入れてシュワッチ3分後。

ほのかな辛さの中に、コクと甘み、そしてインド風(or欧風)カレーにはないエスニックな「ナニか」が感じられる。ナニかとは、何かのハーブかスパイスか編集某sunの乏しい経験では突き止められない味と香り。

ウーン、エスニック....一体いまどこにいるんだ>自分sign02感ハンパねー
やるな、日清scissors

ただ、マッタリ濃ゆぃい....どろりとしたスープはスープと言うより当然ルー感の方が強いわけで、麺じゃなくてご飯の方がいいと思う。
というか、麺食べて余った泥状のモノは、それだけ飲むには濃すぎるわけで。
男子なら替え玉じゃなくてご飯を投入し、ひとカップで2度美味しい思いをした方がよろしいかと。(このシリーズにはマッサマンカレーメシという商品もある)

ちょい失敗したのは、このクソ暑いときに食べたことですね。
当然ナイアガラの滝汗で、かなり体力を消耗しましたとさwobbly

ライゼメンバーになって、会誌読んだり、コンパにも参加して下さいね。
 → メンバーになりたい方は  on クリック!

2014年11月 4日 (火)

手元にあるすべての会誌に、あらためて目を通しました。

今さらなんだけど、ライゼは「平成」生まれなんですねー。
ただいま次の会誌の制作期間中で、今度の12月に発行される会誌が「Vol.26」で26年目になるわけですから、ちょっといろいろ感慨深い。というのも、つい先日まで、ライゼのサークルとしての「歴史の歩み」を表にして眺めてたりしていたからなのですが(笑)。

「昭和」から「平成」になった年にライゼが誕生して、これまでの途中、湾岸戦争やSARSの世界的流行など世界情勢も、旅行サークルの活動に少なからず影響を与えていたり、会員さんのライフスタイルとかステージの変化が、これも少なからず会誌の内容にみられたりしていて、これを表というかタイムラインで並べて見てみると、「ああ、これが歴史というものか…」と感じたりするわけですよ。
私は途中から参加のメンバーだけど、それでも“しみじみ”感じるものがあるんだよね。

……と、そんなことをつぶやいた日がありました。

(業務連絡)あ、ブログのツイッター、映るようになりました!

2014年6月 2日 (月)

香港イミグレのスタンプ廃止はいつから?

ちょっと前の話になりますが、今年2月に実施した香港ライゼツアーで、パスポートに押印される入国スタンプの代わりに、写真の小さな用紙が。「あれ?コレいつから?」などと現地で思い、後日これについて調べることに。

2014_06_02

香港では昨年(2013年)の3月19日からイミグレのスタンプが廃止になり、この用紙を配布することになったようです。
写真ではホチキス止めされていますけど、人によっては、そのままパスポートに挟んで渡されたりとさまざま。滞在中は一応の所持が求められるようですが、あくまでこれは入国者への滞在許可期限などを明記した覚書(控え/写し)に過ぎないものなので、紛失しても出国時には影響ないようです。

▼参考:香港イミグレの解説ページ(英文)
http://www.immd.gov.hk/en/topical/non-stamping-immigration-clearance.html

なお、この用紙を現地に訪れた記念など「旅の証」にしたいと思われる方は、この用紙をペラな状態で香港出国時にそのままパスポートと一緒に渡してしまうと(この用紙はもう不要なものであると判断されて?)回収されてしまうようなのでご注意ください。

※記念にこの用紙が欲しい人は、出国時に提出しなければOKです。
※ホチキス止めされたものは(外す手間があるので?)回収されません。

ちなみに、日本でも自動化ゲート通過を申請して、常にこれを利用すれば、出入国毎のパスポートへのスタンプ押印がされなくなります。
このまま各国の利便性が追求されると、パスポートは手帳型からカード型になってしまうかもしれませんね。

2013年12月18日 (水)

海外コンパの準備

以前、会誌でサークルメンバーさんが紹介していた日本出入国の自動化ゲート
その登録をやってみました。
2月のコンパ@香港の時に初体験してみる予定。

Image

 

法務省のお兄さん、この登録印はパスポートの最終ページに押したかったらしいのだけど、

最後の50ページ目はお茶目な某中欧のイミグレが、
シェンゲン国出入国印を押して使ってしまっている。

Image_1

んなわけで49ページ目に押されることとなってしまいましたcoldsweats01

しかし説明書を見ると、一人で機械操作できない方は利用できませんと書いてある。

さて、最近老化が著しいスタッフ某は、ちゃんと出国できるのだろうか....??

有人カウンターの方が早かったりするなんて格好悪いことになりませんように(^^;)

新しい会誌が発行されました。

 

メンバーになって、会誌読んだり、コンパにも参加して下さいね。
 → メンバーになりたい方は  on クリック!

 

旅行 サークル コンパ オフ会  台湾  台北 韓国 ソウル 中国 上海 北京 タイ バンコク ミャンマー ヤンゴン 

2011年7月 9日 (土)

梅雨明けしたらしいですね

とたんに暑い!!

お昼ご飯が・・・

110709_132601


冷たい
パスタになりました。

暑すぎて。

つい、茹で上がったパスタに冷水をぶっかけてしまった・・・

2011年7月 4日 (月)

新兵器!

こんばんは。 スタッフその1かーしゃvirgoです。

左が新兵器。

右は元々持っていた兵器で、そこからデータをシンクロさせてるところです。

110702_154301

震災前に届いていたんだけど、部屋が揺れで飛んだ本などでメチャクチャになっており、そのまま出すことができずに4ヶ月近く。まだメチャクチャは変わらないですけど、箱ごと放置は可哀想すぎる。と、週末に一念発起して設置してみました。

しかし、予想外にでかすぎて、首が痛くなることが判明。パソコン用の椅子まで導入する事になってしまった・・・rain
うむぅ・・・散財が続く。

*Mac, Macintosh, iMac, Apple

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック