Twitter

Facebook

無料ブログはココログ

« おいしくてお得で笑わせてくれる国 | トップページ | 2011年のイベント »

2010年12月10日 (金)

クリスマスに浮かれる中、新しい会誌発行です

こんにちは
スタッフその1かーしゃvirgo&スタッフその4カンユジclover@今号の版下担当です。
2人とも忙しかったため、12/1に発行するはずの会誌が、12/7になっちゃいました・・・coldsweats01
でも忙しい中がんばった力作(かさくじゃないよ、りきさくよ)、特大20ページ号なんです。

みなさん、ぜひ新しい会誌を読んでください。 → 読みたい方は  on クリック!

えー、やっと発行してホッとしたところで、周囲を見渡せば世の中クリスマスムードbell一色じゃないっすか。んなわけで、ポーランド大使館&観光局等々が主催のクリスマスパーティに、ひょんな事から(?)ご招待を受けたスタッフその1かーしゃvirgo&スタッフその4カンユジcloverが乗り込んじゃいました。

ポーランドってのは、実はスタッフその1かーしゃvirgoが、十数年前に1年間だけ住んだことがあります。日本人にとってはマイナーな場所なのに、彼らはとっても日本が大好き。体制変換の混乱がまだ続き、結構びっくりなことが連続だったものですが、困難の中でもずっと国を愛し、自分たちの文化を愛し続けた心が、なんかこちらの心も暖かい気分にさせてくれました。以来、なんか気になって仕方がない国、ポーランドなんです。去年夏、スタッフその4カンユジcloverも行っちゃいました。初ヨーロッパに選んだ国がポーランド。渋いscissors


パーティ会場で、暖かい気分にさせてくれたアイテム。クリスマスの飾り付け。

1img_5115

テーブルディスプレイ。かわいい中にもエレガントですよね。



1img_5114

家畜小屋の中で生まれたイエスを飼い葉桶に寝かせる、キリスト降誕のミニチュア。カトリック教会やその影響の強い国々では人形でこれを再現します。敬虔な心が表れています。



1img_5119

生け花的手法が見られる気がしますが、クリスマス&ヨーロッパらしいアレンジ。


セレブが一杯で、ちょっと場違いな気がしたスタッフその1かーしゃvirgo&スタッフその4カンユジclover、きらびやかな雰囲気に圧倒された2時間でした。あ、でも圧倒されて気づいたら、食事ほとんど食べそびれ・・・bearingニシンのマリネとか、ポーランドらしい物もあったらしいのに残念。ポーランドは敬虔なクリスチャンの国なので、クリスマスディナーには基本的に肉料理がない。魚が中心です(現地では鯉を食べます)。魚の蒸した物なども並んでいたようですが・・・食文化に触れることはできませんでした。タハッcoldsweats01

いつかこの時期に行って、本場のクリスマスをまた体験してみたいものです。って、寒いけどね(笑)


« おいしくてお得で笑わせてくれる国 | トップページ | 2011年のイベント »

【ライゼのWhat's New】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387619/38025619

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスに浮かれる中、新しい会誌発行です:

» ポーリッシュ・クリスマス [濱祐旅館・家主の日記帳]
東京・四谷のホテルニュー・オータニで開催されたポーランド大使館&ポーランド政府観光局主催のクリスマスパーティーにて。 クリスマスツリーの下をよく見ると…… 馬小屋で生まれたキリスト生誕を模した置物が。... [続きを読む]

« おいしくてお得で笑わせてくれる国 | トップページ | 2011年のイベント »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック