Twitter

Facebook

無料ブログはココログ

旅行サークル「クリエイティブ ライゼ」のブログについて

ご訪問ありがとうございます。
このブログは、旅行サークル「クリエイティブ ライゼ」からのお知らせや、キャッチした会員さんの旅情報、スタッフのお出かけ日記、つぶやき・コラムなど、会誌ではお伝えできない番外編みたいなものを中心に掲載しています。

2020年7月29日 (水)

ものすごく久々に遠出しました

新型コロナウィルスの第二波(?)がと言われている今日この頃ですが、北の大地へ行ってきました。

詳細が見えない例のGoToキャンペーンに乗っかったわけではなく、半年以上前のコロナの話がない頃に決まっていたお墓参りです。

緊急事態宣言が出て、移動自粛となれば取りやめるしかない(飛行機も欠航する可能性が)けれど、そうでなければ行きたいと願っていた数十年ぶりの墓参り。
予約済みだった便がギリギリに運行決定し、予定通り行くことができました。

やっぱりコロナ対策。機内でマスクもらったし。


レンタカーで移動したので、今まで行ったことがないところへもちょっと足を伸ばし、あちこちへ経済回すお金を落としてきました....

 

Img_8160

 

しかし今までどんだけインバウンド頼みだったのか、よく分かった連休でした。
外国人は台湾人らしきグループとベトナム人カップルを見かけたくらい。
夜到着した空港も怖いくらい閑散としててビックリです。


早く誰もが心置きなく旅を満喫できるよう、願ってやみません。

 

ぜひメンバーになって、会誌も読んでくださいマセ。 → メンバーになりたい方は  クリック!

2020年3月13日 (金)

会誌、発行しました。

会誌、発行しました。
Vol.31 No.2です。

新型コロナウィルスの拡大報道と共に版下を作ることとなりまして....
朝の報道が夕方には全然状況が変わってしまっているという、恐怖を感じつつの日々を送っています。

会誌は旅行の話が満載で、ページ数の多い拡大号になるなと考えながら作業しているのに、チラ見するニュースはまるっきりの別世界です。

なんと虚しい事よ....

このままでは旅行なんてしばらく無理、ちょっとしたお出かけですらもう当面厳しいのでは?

 

そんな中、用があって横浜へ行ってきたのですが、閑散としていました。

夕食の店を物色したり、予約したお店へ向かう人たちで大混雑なはずの夕方18時過ぎの中華街。

 

Img_7527

 

まるで店じまい間近な22時過ぎかと思わせるガラガラ具合です。

 

以前来たときに華々しく並んでいた大型レストランや高級レストランがいくつもなくなっており、代わりに記憶にないお店がいっぱい。
ほとんどがオーダー式バイキングスタイルのレストラン。もしくは若い観光客向きのようなお土産店ばかり。




必死に呼び込みする店員の数ばかりが目立つ金曜の夜。
臨時休業にしているところも多く、哀しい限り。

歩くのも大変なくらい活気のある中華街にはやく戻って欲しいです。大勢の人たちがわいわい食べる喧噪も中国料理の味のひとつ、ですからね。

 

ぜひメンバーになって、会誌も読んでくださいマセ。 → メンバーになりたい方は  クリック!

 

2020年1月 2日 (木)

ライゼツアー台湾の写真アルバム(新年のご挨拶を兼ねて)

あけましておめでとうございます。
昨年12月開催の台湾ライゼツアーの写真アルバムを作成&公開しました。

■2019年12月ライゼツアーin台湾(Facebookページ)
https://www.facebook.com/pg/creative.reise/photos/?tab=album&album_id=2863006363749179

台湾での開催は6回目となるライゼツアー、今回は台北に滞在し、コアデイ最終日に台湾東部の宜蘭(yilan)を日帰り旅行してきましたー。

台湾鐡道の宜蘭駅❤

台湾鐡道の宜蘭駅(Public Art Version)
写真のキリンさんが見れるのは、旧市街がある前駅(西口)ですよー。
(この絵を見て、はじめは動物園が有名なところ?とか思ってましたw)

台北では定番の迪化街、MRTに乗って北は淡水(tamsui)、南は碧潭(bitan)にも足を運んでみました。

参加者からの今回ツアー報告・コメントは、3月発行の会誌に掲載予定。
(まだ先の話ではありますが、その時に思い出して、あわせてFacebookの写真アルバムを見ると、より今回の台湾ツアーイメージつかめるかも~?)

※会誌をお持ちでない方々は、旅行サークル「クリエイティブ ライゼ」では随時会員メンバーを募集しております。もし興味が湧きましたら、こちらからお問い合わせお願いいたします。

簡単なお知らせ・ご案内ではございますが、お正月のご挨拶も兼ね、本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

2019年9月 1日 (日)

会誌、発行しました。

会誌、発行しました。
Vol.30 No.4、つまりはVol.30のラスト会誌です。

 

お盆の暑い中、お出かけ先で版下を一生懸命作ってみました。

 

69011844_2593184267398058_89454333214672

(画像にたいした意味はありませんが(汗)、温泉まんじゅうを食べながら版下作ったとです・・・)

 

旅行のレポート、ちょっとしたお出かけのお話から近況などいろいろですが、今回は海外コンパ「ライゼツアー」の行き先&日にちのアンケート発表があります。

 

詳細は会誌内で毎度紹介してます。
ぜひメンバーになって、会誌も読んでくださいマセ。 → メンバーになりたい方は  クリック!

 

 

 

 

2019年6月 7日 (金)

築地本願寺満腹おさんぽ

 東京は意外と由緒ある物・古い物が隙間に残っていたり、大都会だけど歴史もあって面白い街という例で、会誌Vol.29 No.4にちょっと紹介した築地本願寺。お散歩がてら、実際に行ってみました。

  • 早朝の築地本願寺 Img_5682
     

 朝早く行くのだけど、本願寺の前に朝食をどうしよう。築地本願寺カフェTsumugiってのが目に入った。寺を身近に感じて欲しいという願いから、近年始めた新しい取り組みのひとつとな。朝8時〜11時の朝食メニュー、朝日の中で荘厳な寺を眺めながらいただく一番人気は「18品目の朝ごはん」とのこと。

 8時少し前に店内に案内されて、お目当ての「18品目の朝ごはん」をオーダー。大きなガラスから本願寺を眺めながら、まずはお茶を一杯いただく。豆皿に載った各種のおかずが16種、味噌汁とおかわり自由のおかゆ&こだわりのお茶がセットのビジュアルも美味しい朝食。インスタ映えしそうだけじゃなく、築地の名店の食材が少しずつ盛られ、実にお得な気分です(1,800円)。これはなかなかオススメかも。

 

  • 18品目の朝ごはん Img_5691_1 


 食後、本来の目的の築地本願寺を参拝。古代インド仏教様式とのことで荘厳圧巻の建物です。アンコールワットを思い出したり、去年行ったウィーンのベルベデーレ宮殿とかのバロック様式をちょっと思い出したり、なんか文化ってずっとつながってんのね。
 中は畳敷きの広間とか仏壇とかの概念をぶち破る、これまた寺とは思えない空間。扉の上にはステンドグラス、しかも立派なパイプオルガンまである。・・・文化のつながりに加え融合を感じさせる、とても謎な場所というか。

 

 Img_5697

 

Img_5702
 ●パイプオルガンに〜ステンドグラスも〜 

 唯一、天井がさほど高くないことが、キリスト教の聖堂じゃないと気づかせてくれるけど、それじゃいったい何様式なんですか・・・(汗)

 都内には、高層ビルの合間に歴史建造物。新と旧が入り交じり、更に和と洋と亜が混在する不思議な空間もある事が分かりました。実にお散歩のし甲斐があって大満足。今後もたまに「なんとな〜く」なテーマで歩いてみたいものです。

 

 おさんぽ詳細は会誌内で毎度紹介してます。
ぜひメンバーになって、会誌も読んでくださいマセ。 → メンバーになりたい方は  クリック!

 

 

 

«さっぽろ雪まつり会場から

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック